top of page
  • aizawa50

子育て世帯は初の1千万割れ 老老介護の割合は上昇傾向(2022年国民生活基礎調査の概況)

 厚生労働省から、「2022(令和4)年 国民生活基礎調査の概況」が公表されました(令和5年7月4日公表)。この調査は、保健、医療、福祉、年金、所得などの国民生活の基礎的事項を調査し、厚生労働行政の企画、立案に必要な基礎資料を得ることを目的に、1986(昭和61)年を初年として3年ごとに大規模な調査を、その間の各年は調査事項と対象世帯の少ない簡易な調査を実施しています。

 2022(令和4)年は、13 回目の大規模な調査の実施年に当たり、6月と7月に調査が行われ、世帯票・健康票は約20万4千世帯、介護票は約5千人、所得票・貯蓄票は約1万9千世帯の調査の結果が集計されました。結果のポイントは、次のとおりです。

注:< >は、2019(令和元)年調査(前回の大規模調査)の結果

●世帯の状況 ・単独世帯は1785万2千世帯<1,490万7千世帯>、全世帯の32.9%<28.8%>と世帯数、割合とも過去最高 ・高齢者世帯は1,693万1千世帯<1,487万8千世帯>、全世帯の31.2%<28.7%>と世帯数、割合とも過去最高 ・児童のいる世帯は991万7千世帯<1,122万1千世帯>、全世帯の18.3%<21.7%>と世帯数、割合とも過去最少

●所得等の状況 ・1世帯当たり平均所得金額は545万7千円<552万3千円>と低下 ・生活意識が「苦しい」とした世帯は 51.3%<54.4%>と低下

●介護の状況 ・主な介護者が要介護者等と「同居」している割合は45.9%<54.4%>で減少 「要介護者等」と「同居の主な介護者」について、年齢の組合せをみると、「60歳以上同士」の割合は77.1%、「65歳以上同士」は63.5%、「75歳以上同士」は35.7%となり、年次推移でみると、いずれも上昇傾向となっている

 報道では、児童のいる世帯(いわゆる子育て世帯)が初めて1,000万世帯を割ったことや、要介護者等と同居の主な介護者の年齢の組合せが「65歳以上同士」である割合(いわゆる老老介護の割合)が初めて6割を超えたことなどが話題になっています。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

<2022(令和4)年 国民生活基礎調査の概況> https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa22/index.html

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

毎月勤労統計調査 令和5年5月分結果速報 実質賃金1.2%減 14か月連続のマイナス

厚生労働省から、「毎月勤労統計調査 令和5年5月分結果速報」が公表されました(令和5年7月7日公表)。 これによると、労働者1人あたりの平均賃金を示す現金給与総額は、前年同月比2.5%増の28万3,868円となり、17か月連続で前年同月を上回りました。 一方、現金給与総額(名目賃金)に物価の変動を反映させた実質賃金は、前年同月比1.2%の減少となりました。 実質賃金が、前年同月比でマイナスとなるの

令和4年度協会けんぽの決算 4,319億円の黒字の見込み

協会けんぽ(全国健康保険協会)から、「2022(令和4)年度協会けんぽの決算見込み」が公表されました(令和5年7月7日公表)。 協会けんぽの2022(令和4)年度決算見込み(医療分)のポイントは、次のとおりです。 <全体の収支状況> ・2022年度は収入(総額)が11兆3,093億円、支出(総額)が10兆8,774億円となり、収支差は4,319億円となりました。 <収入の状況> ・収入(総額)は前

女性の活躍推進企業データベース 検索機能を拡充

厚生労働省では、女性の活躍を推進する企業を応援するために、ウェブサイト「女性の活躍推進企業データベース」で様々な情報発信を行っています。 このサイトでは、各企業が策定した一般事業主行動計画や自社の女性活躍に関する状況について公表が行われており、一般の方や他の企業を含め、誰でも、データベースにより、公表を行っている企業の情報を検索することができます。 この度、その検索機能の拡充のお知らせがありました

Comments


bottom of page